日本ウクライナ文化交流協会

さまざまな交流イベント

交流の記録

ウクライナ旅行

紹介記事

ウクライナ危機について

朝日新聞2022年10月8日付

産経新聞2022年9月15日付

毎日新聞2022年9月11日付

徳島新聞2022年9月8日付

読売新聞2022年8月23日付

京都新聞2022年8月3日付

産経新聞2022年7月24日付

朝日新聞2022年7月7日付

産経新聞2022年6月17日付

産経新聞2022年5月31日付

読売新聞2022年5月31日付

朝日新聞2022年5月27日付

毎日新聞2022年5月25日付

産経新聞2022年5月24日付

大阪日日新聞2022年5月20日付

毎日新聞2022年5月20日付

産経新聞2022年5月17日付

読売新聞2022年4月29日付

産経新聞2022年4月26日付

産経新聞2022年4月18日付

産経新聞2022年4月16日付

読売新聞2022年4月7日付

産経新聞2022年4月3日付

読売新聞2022年4月2日付

天理時報2022年3月23日付

東京新聞2022年3月16日付

河内新聞2022年3月15日付

産経新聞2022年3月10日付

函館新聞2022年3月5日付

奈良新聞2022年3月2日付

北海道新聞2022年3月1日付

大阪日日新聞2022年3月2日付

読売新聞2022年2月27日付b

読売新聞2022年2月27日付a 、読売新聞オンライン

大阪日日新聞2022年2月26日付

産経新聞2022年2月25日付

日経新聞2022年2月23日付

日経新聞2022年2月18日付

翻訳

大阪日日新聞2009年8月6日付

講演

講演の記録

講演の依頼

TEL:072-926-5134

mail:info@nichiu.org

着物バンク

今、ウクライナでは日本語・日本文化ブーム。その中でも、とりわけ日本の着物に対する憧れが強く、ウクライナの学生は日本に留学したのを機に着物を買おうと思い店に入ると、びっくり。目が飛び出しそうな高い値段。そして、とうとう買えずに帰国する学生が多いというのが現状です。ウクライナ現地にいる学生、社会人にとっては、さらに手の届かない高嶺の花。

そこで、当協会は「着物バンク」を立ち上げました。箪笥に眠っている着物(女性用も男性用も)を当協会にお送り下さい。日本に留学中およびウクライナにいる学生(または社会人)にプレゼントします。

なお、着物を受け取ったウクライナの学生(または社会人)より寄付金をいただきます。その寄付金は全額チェルノブイリ事故で苦しむ人々への義援金として病院、団体等に送ります。

日本国内およびウクライナで、ウクライナの学生や社会人のための「着物の着付け会」なども開催いたします。

着物のほか剣道の道具、茶道・華道・書道の道具、折り紙用の紙、日本語の辞書や本、漫画、CD、日本の生活用具なども受け付けております。

どうぞご協力いただきたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

日本ウクライナ文化交流協会

会長 小野 元裕

送付先

宛先:
日本ウクライナ文化交流協会
住所:
〒581-0013 大阪府八尾市山本町南6-2-29
TEL/FAX:
072-926-5134 / 072-921-6893
携帯電話:
080-3854-5101